白色申告・青色申告の違い

アフィリエイト収入を確定申告する時、白色申告がいいのか青色申告がいいのか?

悩みますね。

ここでは簡単に白色申告と青色申告のメリット・デメリットを紹介します。

おすすめ

超具体的!今すぐできるアフィリエイト収入の確定申告方法

無料レポートプレゼント中

「確定申告って難しそうでどうしていいかわからない」
…そんな悩みを一気に解決できるレポートを現在無料でプレゼント中!

アフィリエイト収入の確定申告方法について全65ページの完全ガイド
「超具体的!今すぐできるアフィリエイト収入の確定申告方法」

→ダウンロードはこちら


このページではアフィリエイトの税金・確定申告について私の体験記をまじえて紹介しています。
ここでご紹介している内容は参考程度にしていただき、詳細は税務署にお問い合わせください。
また、法改正などによりこのサイトの情報が古くなる可能性もあります。
このサイトで掲載した情報に誤りがあった場合、または当サイトのご利用によって
生じたトラブルについて当サイトは一切責任を負えませんのでご了承ください。

 

青色申告には10万円控除と65万円控除の2種類があります。

では早速、下記の3種類について代表的なメリット・デメリットをご紹介します!

  ① 白色申告

  ② 青色申告10万円控除

  ③ 青色申告65万円控除

 

①白色申告

メリット【メリット】

 ■ 事前の届け出がいらない

 ■ 簡易簿記と言う簡単な記帳でOK。しかも所得300万円以下は法律上の記帳義務なし

 ■ 雑所得として確定申告する場合は収支内訳書も必要なし

     →アフィリエイト収入が雑所得か事業所得かについてはこちら

 ■ 収入・経費さえきちんと把握できていればOKなので

     突然「確定申告しよう!」と思いついてもすぐできる

デメリット【デメリット】

 ■ 青色申告のように控除がない

 ■ 青色申告にはあって白色申告にはないメリットが複数ある

 

②青色申告10万円控除

メリット【メリット】

 ■ 簡易簿記と言う簡単な記帳でOK

 ■ 10万円の特別控除が受けられる

 ■ 家族に払った給与を経費にできる

 ■ 赤字が出たら3年間繰り越せる

デメリット【デメリット】

 ■ 申告年度の3月15日までか開業2カ月以内に届を出していないと青色申告できない
   必要な届け出…「所得税の青色申告承認申請書」と「個人事業の開廃業等届出書」

 ■ 確定申告時に青色申告決算書の提出が必要

 

③青色申告65万円控除

メリット【メリット】

 ■ 65万円の特別控除が受けられる

 ■ 家族に払った給与を経費にできる

 ■ 赤字が出たら3年間繰り越せる

デメリット【デメリット】

 ■ 複式簿記と言う少し難しい記帳方法で記帳しないといけない

 ■ 申告年度の3月15日までか開業2カ月以内に届を出していないと青色申告できない
   必要な届け出…「所得税の青色申告承認申請書」と「個人事業の開廃業等届出書」

 ■ 確定申告時に青色申告決算書の提出が必要

 ■ 確定申告時に貸借対照表の提出が必要

 

青色申告に必要な「所得税の青色申告承認申請書」と「個人事業の開廃業等届出書」は

税務署でもらえます。

青色申告にチャレンジしてみようかな?と思ったら
とりあえず書類だけでも税務署でもらっておきましょう^^

 

例えば所得税率が最低の5%だった場合でも青色申告65万円控除にすると

 所得税:65万円×5%=32,500円
 住民税:65万円×10%=65,000円

【合計97,500円】も税金が安くなります。

 

青色申告65万円控除に必要な複式簿記は少々大変かもしれませんが

アフィリエイトの収入や経費はパターンが決まっているので

一度覚えてしまえばなんてことないかもしれません。


年の途中で確定申告の必要があることに気付いた場合、

とりあえずその年の分は白色申告で確定申告し、

次の年の分から青色申告65万円控除にチャレンジするのがおすすめです!

 

「まずは白色申告!」という方は次の確認事項はこちらです。

アフィリエイトは雑所得?事業所得?雑所得と事業所得の違い

 

 

このページの先頭へ