【アフィリエイト収入の集計方法】発生主義とは

アフィリエイト収入を確定申告するためにまずは

1月~12月までの1年分の収入を正しく集計しましょう。

このページの大きなポイントは2つです。

 ■ 「発生主義」で集計する

 ■ ASPの振込手数料は経費扱い

おすすめ

超具体的!今すぐできるアフィリエイト収入の確定申告方法

無料レポートプレゼント中

「確定申告って難しそうでどうしていいかわからない」
…そんな悩みを一気に解決できるレポートを現在無料でプレゼント中!

アフィリエイト収入の確定申告方法について全65ページの完全ガイド
「超具体的!今すぐできるアフィリエイト収入の確定申告方法」

→ダウンロードはこちら


このページではアフィリエイトの税金・確定申告について私の体験記をまじえて紹介しています。
ここでご紹介している内容は参考程度にしていただき、詳細は税務署にお問い合わせください。
また、法改正などによりこのサイトの情報が古くなる可能性もあります。
このサイトで掲載した情報に誤りがあった場合、または当サイトのご利用によって
生じたトラブルについて当サイトは一切責任を負えませんのでご了承ください。

 

それでは詳しく見ていきましょう~

 

アフィリエイト収入を銀行に振り込まれた日を基準に既にエクセルにまとめてある…という方、

いらっしゃいますか?

私も最初はそういう風にまとめていました^^


でも確定申告する時は「発生主義」で収入を集計していきます。

 

発生主義とは売上が発生(確定)した時点で売上を記録することです。

 

例えば1月末に売上5万円が確定して、ASPからの振込が3月10日だった場合

「発生主義」では1月売上分が5万円になります。

 

12月に売上5万円が確定してASPからの振込が2月10日で年をまたぐ場合も

12月の売上は1~12月分の売上として集計します。

 

収入を集計する時にもう1点気をつけないといけないのがASPの振込手数料です。

振込手数料無料のASPもありますが、ASPによっては

振込手数料を差し引いて報酬が振り込まれるところもあります。

 

振込手数料一律735円というASPもあれば

3万円未満は210円、3万円以上は420円というASPもあり、注意が必要です。

 

ASPからの報酬は振込手数料込で収入として集計し

振込手数料は経費としても集計する必要があります。

 

例えばあるASPからの売上が10,000円、振込手数料が735円の場合

実際に振り込まれるのは9,265円で通帳にも9,265円と記帳されると思います。

上記の場合、収入:1万円、振込手数料:735円で集計します。


振り込まれたのは9,265円でも収入は10,000円で集計しないといけないのでご注意ください!

 

私は白色申告した時は下記のようにエクセルにまとめていました。

 

収入集計エクセルサンプル

 

 ■ 「発生主義」で集計する

 ■ ASPの振込手数料は経費扱い

上記2点に気をつけて収入を集計してみてください。

 

次は経費を集計しましょう。

経費によって税額が変わるので経費の集計は重要です!!

【アフィリエイト経費の集計方法】どこまでが経費?

 

 

このページの先頭へ